レディース浴衣を着るときの注意点

レディース浴衣を着るときの注意点

レディース浴衣の着こなしで、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
最近は、色っぽく着こなすために、裾の長さを短くして着る人や、ひざ上丈のミニ浴衣も登場しています。
基本は、和服の着丈は、くるぶしが隠れるくらいが、美しく上品、素敵に着こなせる丈だとされています。

 

みっともない、だらしない、と思われたら、せっかくのレディース浴衣が台無しです。
意外にも、変な着方は、男性からも不評です。
レディース浴衣のサイズは、自分の体型に合ったものを購入しましょう。

 

浴衣は、腰の部分で折り返すことで丈を調整するので、ある程度は大丈夫です。
しかし、折り返す部分になるおはしょりが長くなると、帯の下から端が長く出てしまい、みっともないです。
綺麗に見えるおはしょりの長さは、5〜6センチです。

 

日本の文化が見直され、和服、着物、浴衣の文化が注目されているのは素晴らしいことです。
でも、自己流で着付けをすると、知らないうちに恥ずかしいことをしていることもあります。
マナーとして、最低限の知識は押さえましょう。