レディース浴衣を上手に着るときのポイント

レディース浴衣を上手に着るときのポイント

レディース浴衣を上手に着こなしている女性は、素敵ですよね。
女性の間でも、素敵に浴衣を着こなしている人は注目されると思います。
素敵にレディース浴衣を着こなすには、いくつかのポイントがあります。

 

ます、和服全体の印象で、目につきやすいのは、首まわり、胸元の開き具合です。
胸元がはだけすぎていたら、だらしない印象です。
色っぽく見せたいために胸元を大きく開けるのは、注意や工夫が必要です。

 

衿の開き具合は、下品にならないようにしましょう。
逆に、衿を引っ張り過ぎて窮屈な印象になるのも、かっこが悪いです。
胸元が見えないかどうか、はだけるのが心配な場合などに、ありがちです。

 

レディース浴衣をきれいに着付けをするには、衿合わせする時に、胸紐をしっかり締めましょう。
これで胸元がはだける心配はありません。
おはしょりがなく、形が悪いのも、素敵な着こなしにはNGです。

 

おはしょりとは、浴衣を腰のあたりで折り返した部分です。
帯の下から浴衣の端が綺麗に見えているのが美しい着こなし方です。